もう疲れた…

f:id:hanae-whurin:20210907215416j:plain

どうにかして回避したかった姑との同居は、どれだけ考えても答えが出せず為す術がなく実現してしまった。

姑との同居が開始して早数日、既にわたしのメンタルは限界にきていて、このままだと自分が壊れてしまいそう…。

ハッキリ言って不満とストレスしかないし、そんな存在の世話をしてあげなきゃならないのも苦痛。

この感情はわたしが姑を一方的に嫌ってるとかではなく、姑がこの家に来てからの言動からくるもの。

炊事、洗濯、掃除などの家事手伝いもできず、わたしに生活のサポートをしてもらってる身なのに文句だけは言う。

お世話になっているくせに文句を言うなんて普通に考えてありえない、神経がどうにかしてるとおもう。

姑がここの来たことで、わたしの行動に制限が生まれたのも大きな不満。もう彼との時間も作れない。

この生活がこの先も続くと想像するだけでゾっとする。

でも一体どうしたらいいんだろうか…今日という嫌な一日が過ぎ、また明日という嫌な一日が訪れる。

もう疲れた・・・

究極の選択

究極の選択

姑との同居生活が間近に迫るなか、わたしはまだ答えをだせないままでいる。このままだと9月に突入し、姑との同居生活が実現してしまう。

『娘との生活を継続するため、我慢して姑との同居を選ぶか』

『娘との生活を諦め(見捨てて)、嫌な現実から逃避行するか』

姑との同居は耐えられない、だから家を出て暮らしたいと娘に正直に気持ちを話してみることも考えたけど、「10歳の壁」という言葉があるほど内面が不安定な時期でもある。

娘に正直に話したところで、きっと私の気持ちや考えなんて受け入れられないだろうし、下手をすれば軽蔑される可能性だってある。

娘といることを選んで自分を犠牲にするか、娘を犠牲にして嫌な現実から逃れるか、これは究極の選択以外の何でもない。

わたしの理想は、娘を連れて二人での生活をはじめること。

ただ、あまり離れた場所に行ってしまうことで娘の通う学校が変わったり、習い事にも影響ができることは避けたい。

だから、今の家から近い場所で1人暮らしをすれば、娘にもすぐ会えたり娘がすぐ来れる環境を構築できるのではないかとも考えている。

近所付き合いも希薄だし、周囲から変な目で見らるということも特段ないものと思っている。

夫と姑がどう思うかなんてどうでもいいし、むしろそんな環境に身を置きたくないという強い意思表示にもなる。

それに、1人暮らしの実現はもう一つ大きな利点がある。それは不倫している彼と一緒に過ごす空間を確保できるということ。

彼の都合さえつくなら家に泊めてゆっくりできるかもとか、あれこれ想像してしまってる自分がいる。でも、そんなに上手いこと成り立つのかという疑問もぬぐえない。

とにかく、これから訪れる生活を回避するためどうするべきか悩む日々。姑がこの家に来ることを今更反対するのは難しいし、どうしたらいいのかわからないし答えもでない。

残された時間は少ない、究極の選択。

迫る姑との同居

姑との同居

我が家は本格的に姑との同居に向けて動き出しているようです。

昨夜、姑から『来月からお世話になるわね。よろしくね。』という連絡がきて、今日は夫から『母さんの荷物が届くからよろしく。』と連絡。

そして、ついさきほど本当に姑の荷物が届いてきました。

わたしの同意は一切なしで進んでいるこの話。

受け入れたくない現実が迫っていることを考えると腹立たしさがふつふつと沸いてくるけど、反対したところでどうにもならないんだろうし、無駄に抵抗しても疲れるだけ。

とはいえ、このままやりすごすわけにはいかない。

姑との同居に悩む

今回の件を皮切りに、夫へ『離婚』を切り出すことも考えてはいるけど、やっぱり子供の存在が大きい。

まだ娘は10歳、親の離婚は悲しむだろうし、離婚が実現したとしても娘の親権や娘自身がどっちといることを望むのか、考えるととてもややこしい問題。

現状をどう整理してどう進んでいけばいいのか、わからなくて思考停止してしまいます。

現実逃避をするかのように、彼と密会し日々が過ぎていく。時間は止まってはくれない、来月になればこの家で姑との同居が開始してしまう。

ひとまず別居することも考えたけど、わたしがいなければ娘の生活の面倒を誰もみれない。

だから別居するなら娘を連れて一緒に出ていくしかないけど、娘が納得するとは思えない。

娘は姑のことが好きだし、かなり非現実的にも感じる。

こんな感じで、今のところ取れる対策が何も…ただ、姑の同居が開始するのをこのまま待つしかないのだろうか。

不倫は苦しみ続け姑との相性も最悪

不倫は苦しみ続け姑との相性も最悪

以前の記事で紹介した「電話占いのおすすめランキングサイト」をよくよく見てみると、お悩み相談・解決みたいなメニューがあるのを発見。

悩みを投稿すると占い師?の人が回答をくれるというなんとも興味深い内容。これまでの相談を興味津々に読み漁ってみた。

すると、わたしと同じように不倫で悩んでいたり、姑に悩んでいる相談がいくつかあった。わたしが思っている以上に、世の中に不倫をしている人は多いのかもしれない。

不倫で悩んでいる人は多い

それならわたしも投稿してみようと、投稿してみたわけです。

そしたら本当に鑑定をしてもらうことができました。

そして、「この相談と回答を掲載しても良いか」という確認をされ、OKをしたら本当に掲載されました。

本日掲載されたばかりのホヤホヤです。

それがこちら↓↓

不倫 | 開運!占いアドバイザー

ご覧の通り、掲載されている範囲では、わたしの相談に対して『どうするのが良い』という明確な回答は貰えませんでした。

占いに明確な回答はない

でも実際には、この後に鑑定してくださった占い師の先生と何度もやりとりがあり、無料でこんなにもいろんな助言がもらえるのかと驚きました。

なにより、彼との相性は良いのに結局は不倫という形だから、付かず離れずで苦しんでいくというのはすごくリアルな回答で、下手なアゲ鑑定をしてくる占い師さんよりは全然ためになる気がする。

そして、離婚や家庭の問題についても、このまま姑を家に迎え入れる状況を続けていくのはよくないということもハッキリわかったし、姑との相性が最悪(最悪とまでは言われてないけど笑)とスバリ言って貰えたのもスッキリした。

最終的に、どうするか決断するのは自分であって、「占い」が全て答えを出してくれるわけではない。

指針を与えてくれるのが占い

でもその決断をするための大きな指針となるのが、占いなんだと感じることができた。

とにかく、確実にわかったのは『不倫は付かず離れずで苦しみ、姑との相性も最悪』ということ。

この助言を土台にこの先どうするか決断し、自身の未来を自分で決めていくしかない。

不倫をしてて占いなんかに頼ってるなんて頭大丈夫?とわたしのことを見る人もいるかもしれない。でもそれは仕方ないというか、誰にも相談できることじゃないから、占い師に相談するくらいしかない。

心理カウンセラーとかに頼る人もいるのかもだけど、わたしは病気ではないし。変なお薬とか処方されるのはご免だとおもってます。

こうしてブログに吐き出すことで気持ちが安定する感覚も得ているから、今後も書き連ねていければと思う。

3時間の密会

3時間の密会

今日は彼(パート先の店長)との密会でした。

絶対に人には言えないことなのに、ブログだとこんな風に簡単に書けちゃうからすごいです。わたしが誰なのかは誰にもわからないから。

パート勤務時間は13時~17時。娘の塾と習い事が重なる日は迎えに行く時間が21時頃と遅くなるので、その日程を狙ってどうにか互いに都合をつけて密会を重ねています。

退勤後の17時半~20時半の約3時間、これがわたし達のW不倫の時間。今日は軽く食事をしてからホテルへ。彼と過ごしている時間はイヤなことから全て解放されてる気分です。

ホテルでのW不倫

でも、だからこそ悲しい。わたしも彼も既婚者であり、してはならないことをしているのだから。不倫をはじめて1年たった今でも、その後ろめたさや背徳感は剥がれません。

そんな彼との時間もつかの間。20時半にホテルを出て娘を迎えに行き、帰宅すると珍しく夫の姿が。ちょっと前まで彼と過ごしていただけに、何か悟られるのでは…と内心ドキドキだった。

すると『母さんのことで話がある』と、昨日ブログに書いた件を切り出されました。そして、来月からを目途に姑をこの家に迎え入れることを伝えられました。

心の中で「わたしは同意してない」そう何度も呟いていました、でも声に出すことはできませんでした。娘が『ばぁば来るの嬉しい~』と喜んでいるのをみてとても複雑な心境に。

娘と姑

姑が来るため、わたしの衣装部屋を明渡すことも要求されました。二人目の子供のためにと用意してた空き部屋が1つあるのだから、そこを使わせればいいのに。

言いたいことは山ほどあったけど、離婚へと意識が傾きつつあるだけに、無駄に争っても意味がないと考えたら妙に冷静になることができました。

ただ、姑がここへ来ることで1つ大きな不都合が生じます。それは彼との時間を工面しづらくなるということ。今のわたしにとってはこれが最大の難点です。

わたしが家に居なければならない状況に流れていくような気がしてなりません。家に娘もいなくて姑と二人きりになる時間を想像するだけで息が詰まる。

姑との時間に息が詰まる

しかもリウマチの症状がひどくて自分のでやれることも限られるのでだから、わたしが何かしらサポートしなければならなくなる。

イヤすぎて今すぐにでもこの家から出ていきたい気持ちです。でも子供がいるからそんなことはできない。これからどうしたらいいのか。

彼と会う時間すらも作れなくなるのだとしたら、わたしの生活は完全に詰んでしまいます。こういうときに決まって頼るのは。例の占いです。

姑との同居は無理

姑との同居は無理

実は、わたしが夫との離婚を強く意識しはじめた大きな要因がもう1つあります。

それは夫の母親、姑の存在です。

姑とは今のところ別々住んでいるのですが、少し前にリウマチを患ったことをきっかけに同居の話が持ち上がっているのです。

つまりは、自分ひとりでは生活が難しくなってきているため、人の手助けが必要な状態になっているということです。

「1人で生活させておくのは心配だ」と夫が突如言い出して、この家に呼び寄せ一緒に住むと言い出したのです。

リウマチになった姑

姑は10年ほど前に離婚をしていて、それからは実家で1人暮らしをしています。わたしの舅となる旦那さんが婿養子だったため、旦那さんが出て行った形です。

姑と会うのは年に数回程度ですが、ハッキリ言って姑のことがとても苦手です。話も合わなければ考え方も全然合いません。

性格や言葉がキツイ人なので、悪気はないのかもしれませんが姑の言動に傷つくことが多く、初対面の時から苦手意識がありました。

また、わたしと夫が結婚するときに反対していたことも耳にしているため、姑もわたしのことを良くは思っていないのだろうと感じています。

よく思ってない姑

そんな姑が病にかかったからと今の家庭に呼び寄せ、同じ屋根の下で暮らすことを想像すると気分が落ち込んで仕方ありません。

しかも、リウマチで体の自由が利かなくなった姑の面倒を、なし崩し的にわたしが見ることになるのは目に見えています。

そんな重大なことを、わたしにちゃんとした相談をすることもなく、わたしの娘の同意だけを得て決定事項として一方的に叩きつけるように言い渡してきた夫には心底腹がたっています。

娘からすれば姑は、時々会って何でも言うことを聞いてくれて、欲しいものを言えば買い与えてくれる存在です。当然印象は良いでしょう。

孫を甘やかす姑

その娘に夫は「ばぁばと一緒に住めることになったら嬉しいだろ?」と問いかけ同意を得たようです。本当にクズみたいな男ですよね。

わたしが反対したところで、夫は「気に入らないならおまえが出て行け」とでも言いそうな雰囲気です。それくらい今の夫婦関係は殺伐としています。

夫はわたしが姑のことを苦手なのは当然に知っています。それなのにこうした仕打ちをするということは、もう夫のなかでわたしはその程度の存在でしかないということ。

これもわたしを不倫に走らせた大きな要因となっています。自分の不倫を弁解するつもりはありませんが、なるべくしてなったとしか言いようがありません。

不倫をして当然

このことを思い返すと今でも腹立たしい気持ちになってしまい、ついつい例の電話占いに頼ってしまいます。でも、相談することで気持ちがスッキリすることは事実ですし、やめられません。

肯定されることの快楽を覚えてしまったというか、なんとも言葉には表せないのですが、とにかく今のわたしにはなくてはならないものです。

この先、夫と一緒にいる意味もなければ姑と一緒に暮らすのも嫌。こうなったらもう離婚という選択肢しか出てこない。でもなぜか踏ん切りがつかない。

そんな日常を不倫と占いで紛らわせてるわたしは一体なんなんだろうか…。

 

離婚・不倫の相談

離婚不倫の相談

基本的に浮気や不倫の話なんて絶対に人にはできない。どれだけ信頼のおける友人にだって相談することはできません。

当事者以外に知られることになれば、それはただの「リスク」でしかないからです。だから自分で抱え込むしかないものだと考えていました。

そんな風に思い悩んでいるときに、ネットでふと『電話占いサービス』の広告を目にしました。電話占いってなんだろう?

調べるてみると、いくつもそういうサイトが存在していて利用している人も多くいることがわかりました。いろんな情報がありすぎて逆にわからなくなるほどです。

電話占い

ただ、これだけ多くの電話占いサイトが存在しているということは、それだけ需要のあるサービスだということ。世の中にはわたしだけなく不倫に悩んでいる人が大勢いるんだと感じました。

不倫の悩みなんて近しい人にはできないけど、人には言えないそうした悩みを聞いてくれるサービスがあるのなら気軽に相談できる。そう感じたわたしは何の迷いもなく電話占いの利用を決意しました。

わたしの相談は、良くないと思いつつ続けてしまってる不倫の件もそうですが、それ以上に今の家庭環境を変えたいという気持ちも強かったためそれを話したかったんです。

つまりは離婚。

夫との離婚

このまま夫と仮面夫婦を続けていても無意味ですから、できることなら夫とは離婚したいと考えています。ただ、懸念は子供がまだ小さいということです。

子供のために自分を犠牲にしてでも今の家庭を継続させるべきなのか、自分の幸せを考え夫と離婚して新たな人生を歩みだした方が良いのか。

これは本当に悩むところです。こういう離婚の相談なのであれば近しい人にもできますが、わたしの場合はその背景に不倫が介在していることもあり、やはり人には相談しづらいです。

なので電話占いのサービスを利用することを決意したのですが、結局どこの電話占いサイトを利用すれば良いのかがわからず、ネットで評価の高いところを探しました。

ネットの情報に翻弄される

ただ、一方ではよく書かれているけど、一方では悪く書かれたりで判断にとても困りました。なんというか情報が錯そうしているような印象です。

それでも調べていると、とある電話占いランキングサイトを発見しました。

どこの電話占いを利用するのが良いのかとても分かりやすい内容で、そこで紹介されている電話占いサービスのほんとんどが無料お試しの利用ができることも驚きでした。

どのような内容なのか、サービスの質もわからないものにお金を払うのってなかなか勇気のいることです。でも無料で試すことができればその価値を判断することができます。

せっかくなので、わたしと同じような悩みを抱えてるひとのために紹介しておきます。

おすすめの電話占いランキングサイト

電話占いサイトは無数にあるので、自分だけのリサーチで選ぶのは本当に大変です。なかには悪質な業者もいるため選択を誤れば大きな被害につながるそうです。

ひとまず、上記のサイトで紹介されていた「ヴェルニ」と「ピュアリ」という電話占いを利用することにしました。

 利用申込

ヴェルニでは魅理亜(ミリア)先生、ピュアリでは桜ノ宮(サクラノミヤ)先生という占い師の先生に相談をしました。

お二人とも結果としては【離婚をした方が良い】との見解でしたが、その時期についてはお二人の意見は異なっていました。

また、不倫相手のことも相談してみたのですが、彼も今の奥さんとの離婚をかなり現実的に考えていて、最終的にはわたしと一緒になりたいという気持ちがあるとのことでした。

これはお二人の見解がピッタリだったのでなんだか嬉しくなりました。夫との離婚、そして彼との将来を真剣に考えて良いのではないかと考えるようになりました。

これでわたしの抱える悩みが解決されたわけではないのですが、とても気持ちが楽になったというか、現状を前向きに考えられるようになったので、電話占いを利用してみ良かったというのが率直な感想です。

にほんブログ村 恋愛ブログ W不倫(ノンアダルト)へ